ビザの有効期限までに更新・変更手続きを完了させないで日本で生活を続けていれば、オーバーステイ
(不法滞在・不法残留)となります。
在留資格(ビザ)を持たずに日本で生活していることが警察や出入国在留管理局の調査でわかれば、
入国在留管理局に収容されて、退去強制処分を受けて本国に帰国ということになります。
ただし、「日本人・永住者・定住者」と結婚している方など日本で生活することを希望している方は、
出入国在留管理局に出頭して『在留特別許可申請』をして、在留資格を取得できる場合があります。

この手続では、許可を希望する申請人が入国管理局へ直接行うことになっており、行政書士は必要な書
類の作成など、申請人の支援をすることになります。

オーバーステイ以外にも裁判で有罪判決を受けた等で強制退去(法律上は退去強制といいます)となっ
てしまったという場合でも在留特別許可が認められることもありますので、まずはご相談ください。

ここでは、オーバーステイの場合の在留特別許可申請の流れをご説明します。

手続の流れ

①出入国在留管理局へ自主的に出頭

オーバーステイになった理由、出頭までの生活状況などの調査を受けます。
この時に「在留特別許可申請」をすることを伝えます。基本的にオーバーステイ以外の法律違反歴が
なければ、出頭時点で出入国在留管理局に収容される可能性は低いです。

②陳述書等の作成と添付書類の準備

①の出頭時に次回の出頭日の指示を受けます。
その時に持参が求められる陳述書の作成、生活する状況を説明する書類を準備します。
陳述書は指定書式ですが、文量が多くなる場合は、書式にあわせた形で作成しても良いようです。
陳述書は事実関係を素直に記載することが大事です。

③陳述書等の提出と調査

指定された出頭日に陳述書等出入国在留管理局から指示された書類を提出します。以降、出入国在留
管理局で審査官による違反審査や面談が行われます。

④処分決定  

入国管理局の調査結果や検討基準等を元に法務大臣の裁決で処分が決められます。
『在留特別許可』が出れば、ご自身に合った在留資格(ビザ)が与えられます。
許可が出ない場合は、出国命令又は退去命令を受けることになり、本国へ帰国となります。

審査のガイドラインについて

在留特別許可の判断は、申請者個々の状況、人道上の配慮、他の不法滞在者への影響など多くの事情
を総合的に検討することになっています。
検討材料には、申請人に有利に判断される内容と不利に判断される内容があります。

有利に判断される主な内容

申請人が日本人又は特別永住者の子であること
・申請人が日本人又は特別永住者との間に出生した実子(認知した子も含む)を養育していること
  ただし、「子は未成年である・子の親権者が申請人である・同居期間が長い」以上を満たす
  必要があります。

・日本人又は特別永住者と法的な結婚手続を完了していること
  結婚実態がある上で「相当な婚姻期間があること・婚姻生活が安定していること」以上を満
  たす必要があります。
・申請人が自主的に出入国在留管理局へ不法滞在者であると出頭したこと
・日本での生活期間が長く、定住していると認められること
・人道的な配慮を必要とする事情があること

不利に判断される主な内容

・重大犯罪等で刑を受けたことがあること
     凶悪犯罪等で実刑を受けたり、違法薬物・拳銃等違法物品の売買等で刑を受けた場合があて
  はまります。
・出入国管理に対する大きな違反行為をしていること
  不法就労助長・集団密航・旅券不正や偽装滞在の助長の罪で実刑を受けたり、売春・人身取
  引等社会秩序を乱す行為を行ったことがある場合があてはまります。
・過去に退去強制処分を受けたことがあること
・その他の刑法違反や素行不良が認められること
・在留状況に問題があること  
  犯罪組織・反社会組織の構成員であること等
ただし、有利な内容が多くても不利な内容が重い場合は不許可とされますし、不利な内容があるとしても全く許可されないという訳ではありません。 まず、ご相談ください

主な添付書類

陳述書とあわせて提出する主な書類です。
・身元引受人作成の身元引受書
  出入国在留管理局指定の書式です。
・身元引受人の履歴書、在職証明書、住民税課税・納税証明書
・生活拠点に関する書類
  賃貸借契約書の写又は登記簿謄本
・申請人と身元保証人の関係を説明する書類
  戸籍謄本など
・生活状況を説明する資料
  写真、母子手帳など

 よくある質問

現在、オーバーステイしているが、日本人と交際・婚約している。この場合、結婚手続はできるのか?在留特別許可申請を先にできるのか?
  夫婦となる2人のうち一方がオーバーステイの状況でも、必要とする書類が整えば、婚姻手続
  はできます。
  在留資格(ビザ)が無いことを理由に結婚手続を認めないというのは、人権上の配慮からもま
  ず無いです。結婚して配偶者資格での在留特別許可申請をする場合は、結婚していることが求
  められますので、先に結婚手続をすることになります。
  結婚手続が終わった時点で出入国在留管理局へ出頭するようにしてください。