帰化許可申請では、たくさんの書類が必要になります。
帰化許可の要件を満たしていることと許可後に作られる戸籍に書かれる家族関係を確認するためです。
必要な書類は申請される人によって変わってきますので、申請前に法務局で確認することが良いと思われます。

主な必要書類

・申請書その他所定書式
  申請書の他に親族関係、履歴書、海外渡航歴、生計、自宅・勤務先の地図などがあります

・国籍・身分関係を証明する書類
  パスポート、在留カードまたは特別永住者証明書
  ご両親の婚姻証明書
  申請人の出生証明書(必要に応じて、きょうだい分も含みます)
  結婚されていれば結婚証明書
  申請時または許可直前に国籍証明書等を求められる国籍の方もいらっしゃいます。

・生計を証明する書類
  源泉徴収票
  住民税課税・納税証明書
  年金・健康保険の納付書の写
  在勤証明書(経営者・会社役員の方は、事業概要、確定申告書の控、許認可証の写など)

・技能を証明する書類
  運転免許証及び運転記録証明書、資格を証明する書類

これらは、安定して生計が立てられることの証明する資料になります。
その他、申請される方の状況によって変わりますので、ご注意ください。
また、日本国からの表彰や国内で大きな活動をされている場合は、
それらが確認できる資料を提出すると有利になる場合があります。