大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

家族滞在

「家族滞在」の在留資格(ビザ)は、日本で就労または留学資格で日本に滞在し
てい
る方の扶養家族(配偶者と子)に与えられるものです。

「家族滞在」ビザにあたる人は?

・生計をたてる者が就労資格者の場合は、
 「外交」・「公用」・「技能実習」・「短期滞在」・「研修」・「特定活動」
 以外
の資格で滞在していること
・生計をたてる者が留学資格者は、自身と扶養家族の生活費が安定していると証

 明されること

・家族について
 配偶者は、現在婚姻中の者で、内縁者は含まれません。
 子は、実子や認知された子も含まれます。成人の年齢である場合は、学生であ
 る等扶養を受ける状況でないと認められません。
 申請者は「扶養を受けること」、つまり経済的に独立できないと認められる必
 要があります。

「家族滞在」ビザ申請で主に必要な書類

・申請書
・扶養者との家族関係を証明する書類
・扶養者の職業・収入を証明する書類
 「留学」資格の方が扶養者になる場合は、生活費(学費を含めて)を受けてい
 る証明、奨学金を受けている場合は証明書のコピー出すことになります。

よくある質問

留学生です。配偶者を呼び寄せたいです。学費は親から送金してもらっていま
すが、
生活費アルバイトの給料です。呼び寄せはできるでしょうか?

 今すぐというのは厳しいかも知れません。
 留学生は「勉強するため」に日本での生活を認められています。生活費を稼い
 で生活することは想定されていません。
 アルバイトも資格外活動許可の範囲内(週28時間以内)であれば問題無いです
 が、お給料をそのまま生活費として使っていると、ご自身の留学ビザの条件で
 ある「生活費の支弁を安定的に受ける」の条件を満たさないと判断される可能
 性があります。  

 アルバイトのお給料は、「生活費の送金が遅れている」などやむを得ない事情
 がない限り、生活費として使わないことが理想的で、お小遣いという考えが良
 いかもしれません。

 生活費支弁の送金が定期的に無い場合は、定期的な送金を受けるようにして、
 その実績を積むことで、時間はかかりますが結果的に呼び寄せができることも
 あるようです。

 留学生の方は、事情説明が難しいこともありますので、まずは当事務所へご相
 談ください。

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP