大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

『期間限定』2019年春卒業見込者向けビザ変更申請案内

12月3日から2019年春学校卒業見込者に対する就労系ビザへの変更申請が受け付けら

れます。

早めに申請しておくことで、

「万一申請不許可になった場合の対応ができる」

「卒業間近の混雑で入国管理局の審査が遅れてしまい、4月から仕事に就けない」

といったトラブルを無くせます。

このため、採用内定を持っている方は早めに申請準備を進められることをおすすめ

します。

また、本サイトをご覧の上でご相談・ご依頼の際は報酬を1万円値引きします。

※当事務所にご連絡の際に「期間限定ページを見た」とお伝えの方に限ります。

 本ページは、2019年3月末日までの期間限定の公開ページです。

就職予定の方

職予定の多くの方は「技術・人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)にあたる

ものと考えられます。別ページで詳しくご説明しています。是非ご確認ください。

就職活動継続予定の方

採用内定がでていない」や「納得がいく就職活動をしたい」等の理由で学校卒業

後も就職活動を続けられる方は、「特定活動」資格への変更が必要になります。

主に必要な書類として
・卒業証明書
・就職活動を続けてきたことが分かる書類
・日本での生活費が確保できていることが分かる書類
・通学している学校発行の推薦状
以上がありますが、ご自身の状況によって変わってきますので、ご相談ください。

「経営・管理」資格に変更をされる又は希望される方

既に会社等を設立されている方は、「経営・管理」ビザへの変更手続きを行うこと

になります。別ページで詳しくご説明しています。是非ごご確認ください。

これから会社等を設立される方は、卒業(修了)後180日以内に「経営・管理」

ビザへの変更許可申請を行うことが求められます。

変更許可されるまでの期間は「短期滞在」ビザになりますが、変更許可が見込まれ

る主な条件である

・成績等に問題がなく、在学中から起業準備をしていて、卒業した大学による推薦

 を受けられること

・事業計画書が作成されており、「経営・管理」への変更が見込まれる内容になっ

 ていること

・滞在中の生活費に問題がないこと(起業資金とは別にご用意が必要です)

・起業に必要な資金(500万円以上)並びに事業所が確保されていること

・大学による起業活動の把握・管理が適切に行われるため必要な措置が講じられ

 ていること など

を満たすと判断されれば、「短期滞在」資格(90日)へ変更ができます。

また、在留期間の更新で最長で卒業後180日間滞在することを可能とします。

なお、同居する家族がいらっしゃる場合もビザ変更の必要があります。

詳しくは、当事務所にご相談ください。

結婚して「家族滞在」資格に変更される方

「家族滞在」ビザの要件にあてはまることが大事になります。

詳しくは別ページで詳しくご説明していますので、是非ご確認ください。

なお、学校を中退して「家族滞在」に変更をお考えの方は、学校を中退する理由な

どの説明が求められる場合がありますので、当事務所にご相談ください。

留年が決まってしまった方

残念ながら留年が決まってしまった方は、「留学」ビザの更新が厳しい場合があり

ますが、「留年してしまった理由」、「不足単位数と単位取得見込」、「生活費」

などを説明することで更新が許可されることもあります。

くれぐれも軽く考えて「家族滞在」資格等への変更申請などをはしないことをおす

すめします。まずは当事務所にご相談ください。

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP