大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

公共工事の受注

元請・下請を問わず、建設業者さんのうちで公共工事に携わっている業者さんと
いうのはかなり多いのではないかと思います。
下請業者として公共工事の現場に入ることに関しては、建設業許可さえあれば問
題ありません。
もっとも、500万円未満の工事であれば、建設業許可も本来は必要ありません。
元請のゼネコン等が、許可を受けていることを条件に下請として現場に入れてい
ることが多いのが現状です。
ただし、元請として公共工事を受注したい場合は、いろいろと準備をしなければ
いけません。このページでは、その流れについてご説明します。

公共工事を元請として受注するまでにやらなければならないことの流れ

1 建設業許可を取得する
2 経営事項審査申請をする ※経営事項審査申請についてはこちらへ
3 入札参加資格審査申請(指名願い)をする
4 工事の入札

1 建設業許可を取得する

公共工事を役所から元請として直接受注したい場合、500万円未満の建設業許可
が要らない小規模工事であっても建設業許可は取得しておかなければなりません。

建設業許可を取得するまでの詳しい流れはこちらのページに書いてありますが、
都道府県知事許可の場合で申請してから許可が出るまでに、早くても1カ月、長
い場合は2カ月ほど、
国土交通大臣許可の場合で3~4カ月ほどかかりますので、
許可を取るまでに相当な時間がかかってしまうことになります。

2 経営事項審査(経審)申請をする

一般的には決算終了後に毎年受け続ける必要があります。
この審査で、建設業者としての評価点数がつけられます。
この点数に応じて、発注者である役所が業者をランク分けや選別をします。

経審についても、こちらのページに書いてありますので、ご覧ください。

3 入札参加資格審査申請(指名願)をする

工事を受けたい省庁、都道府県、市町村等ごとに申請する必要があります。
1年に一度、だいたい10月から翌年2月頃までに受け付けられますが、その時期
を逃すと、1年は申請できないことが多いので、十分な注意が必要です。

ただ、国の省庁や都道府県などで「随時受付」といって、1年中入札参加資格申
請の受付をしてくれるところがありますが、市町村であれば年に1度だけの申請
受付の可能性が高いです。

タイミングによっては1年近く待つしかないこともありますので、どの役所の公
共工事を受けたいのかを考えて受付時期をウェブサイトなどで調べておくと良い
と思われます。

4 工事の入札の種類

1~3の手続が終われば、入札できるようになります。

ただ一口に入札と言っても大きく分けて3種類のパターンがあります。
○一般競争入札:役所が設ける基準をクリアしていれば、入札できる入札。
        どのような業者でも入札できるので、自由競争となります。
○指名競争入札:役所が業者を数社指名した中で、一番安く入札した業者が落札
        となります。
○随意契約:役所が一社を指名して契約します。このため、競争は無しです。

一般競争入札は官公庁等のホームページなどで公開されますので、その条件にあ
わせるかたちで入札
していくということになります。
その他、建通新聞などマスコミで入札情報が出ますので、それを元に入札すると
いうこともあるようです。

これらの3種類の形式で、金額が大きいものから一般競争入札、指名競争入札、
随意契約と決められているようで、形式の選択基準は
発注する自治体によって変
わっています。

ひと昔前は指名競争が多かったようですが、受注者が一部の業者にかたよったり、
談合になりやすかったことから、今は一般競争入札が中心になっています。
一般競争入札の工事については、参加資格(地域や経審の点数など)さえクリア
できれば業者の数に制限はありませんので、公共工事の実績がない場合は一般競
争入札の工事にどんどん入札していくことになってきます。

一方、指名競争入札や随意契約については実績のある業者に役所が声をかける場
合が多いこともあり、一般競争入札の工事で実績を作ることや営業活動が大切に
なると思われます。

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP