大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

軽貨物運送業

軽貨物自動車等を使用して、荷主の荷物を運送する事業です。
この事業は荷主から比較的小さな荷物の運送依頼を受け、運賃を受け取る場合は
全てこの事業にあたります。 
  
軽貨物運送業を始めるには運輸支局長(運輸監理部長)への届出が必要で、事業を
始めるのに先立って届出書を営業所を置く都道府県の運輸支局(運輸監理部)へ提
します。

軽貨物運送業事業開始の要件 

車庫

 原則は営業所に併設していることですが、併設できない場合は営業所から2キロ
 以内の場所に車庫を置くことができます。
 車庫として使用する土地が、都市計画法などに違反していないことが必要です。
 また、車両を全て収容できる広さがあることが求められています。
 土地の所有・賃貸の別は問いませんが、賃貸の場合は賃貸借契約等により土地の
 使用が確実である証明が必要です。

車両数

 軽自動車で1両から始めることができます。乗用タイプの軽自動車は軽貨物車に
 構造を変更することが必要です。

その他

 運行管理体制を定め、車両の自賠責保険・任意保険の加入が必要です。

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP