大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

障害の種類

後遺障害とは

後遺障害とは、交通事故によって発生した身体に回復が困難と思われる障害が残っ
た結果労働能力や日常生活に支障がある障害のことをいいます。

後遺障害として認められるには、下記の全てを満たす必要があります。
・交通事故によって生じた障害であること
・将来においても回復の見込めない障害であること
・その障害の存在が医学的に認められていること
・労働能力の喪失を伴うものであること
・労災保険の障害認定基準に該当する障害あること

障害の種類

自動車損害賠償保障法で、部位・障害内容で1~14級、140種の障害が35系列に
分類
されています。主な障害は、下記のとおりです。

・神経障害
 ムチ打ちなどしびれが残る障害。
 画像所見と神経根症状誘発テストの結果でも異常所見が見られないと認定がさ

 れないようです。

・醜状障害
 一定以上の大きさの傷跡が残っている障害。認定調査・審査中に調査事務所の
 面接を受けて傷の大きさを確認されることがあります。

・欠損障害 事故により切断などで体の一部を失った障害

・機能障害 関節の可動域制限が発生したもの

・変形障害 骨折の癒合がうまく行かずに偽関節や骨の変形が起こった障害

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP