大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

申請までの流れ

申請までの流れ

治療について、保険会社との確認

事故後、保険会社の担当者が状況確認等でご自身のもとに来られます。この時に
治療費の適用についての確認が行われます。
基本は健康保険ですが、お仕事中や通勤中の場合は労災保険が適用されることが
あり
すので、その適用確認をすることになります。
この時に「同意書」の作成と書類返送が保険会社から求められます。同意書には、
「診療情報提供について」と「医療照会について」にわけられています。
「診療情報提供」は診断書・診療報酬明細書を取得して病院等への治療費支払に、
医療照会」は治療状況を医師に確認して、治療費支払の打ち切り判断等を行う
ため
に使用されます。
「医療照会」の同意書があれば保険会社は直接医師に治療状況を確認できるので、
保険会社に主導権を持たれたくない場合は、件の同意はしないということ
でき
ようです。
なお、「同意書」の送付が遅れますと、治療費を病院が受け取れないことになっ
てし
まいます。
病院とは長いお付き合いになるので、迷惑をかけないようにしてください。

加入保険会社への連絡

ご自身が加入している任意保険で、搭乗者傷害保険・傷害一時金・人身傷害保険・
弁護士費用特約が使える場合がありますので、確認しておきましょう。
当事務所はじめ行政書士が代理請求した場合の報酬でも弁護士特約が使える場合
ありますので、「弁護士特約」の適用可否を保険会社に確認しておきましょう。

傷病名の確認、治療方針

病名・症状を確認し、治療の方針を医師との相談を行います。
後遺障害認定申請を受けるために必要な「後遺障害診断書」を作成してもらうの
医師ですから、治療中止の判断が後遺障害診断書作成のタイミングになります
ので、
あらかじめ通院ペースも相談しておきましょう。
後遺障害は「十分な治療をしたが、将来においても回復が困難と見込まれる障害」
ですので、通院ペースや治療内容を詰めておくことが診断書作成の上で大きなポ
イントに
なります。

あわせて、整骨院での治療を希望する場合は先生からの了承を得てください。
了承
がないと自費になってしまうことがあります。

なお、搬送された病院が「交通事故による症状を診ない先生」であることや、ご
自身
の通院の関係から転院する場合は、紹介状や説明書の作成や記載内容を詰め
ることに
なります。
通院される病院ですが、後々を考えると「神経学的検査」・「画像検査」ができ
て、
治療方針を立てることができる先生が良いかと思われます。
特に「神経学的検査」に疎い先生の場合、後遺障害診断書の記載に困る場合があ
りま
す。
これらの点も考えて、病院選びをされると良いかと思われます。

治療

負傷の状況にもよりますが、通院をしてリハビリ等の治療をしていきます。
整骨院な
どで治療をする場合でも、後遺障害診断書を作成できるのは医師だけで
ので、なる
べく治療の状況を把握してもらう上でも医師に診てもらう回数を増
やしておくことが
良いと思われます。

将来的に裁判になった場合、病院の通院歴は評価対象になりますが、整骨院の通
院歴
は評価されないようです。

また、「(短期間の通院で)効果が見られない」や「先生が合わない」などで病
院を
変え続ける『ドクターショッピング』をされると、後遺障害診断書を書い
もらいに
くくなりますので、注意してください。

症状固定と後遺障害診断書作成

「治療状況が一進一退である」や「保険会社からの治療費負担(120万円が上
とさ
れています)の打切通知があった」・「リハビリから6ヶ月経過したが改善
ない」などのきっかけで症状固定=後遺障害診断書を作成することになります。
主治医に、「傷病名」・「自覚症状」・「検査結果」・「将来の見通し」などを
いてもらいます。
その他主張したい内容があれば、先生にお願いしてみてください。

症状が複数ある場合は、症状ごとに作成しても結構です。
当事務所では、医師との診断書内容の打ち合わせに同行もいたしますので、ご相
ください。

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP