大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

申請要件

帰化の許可が出て日本国籍を取るためには、次の条件に当てはまることが必要です。

居住

・日本での生活が5年以上であること
 ただし、「留学」の在留資格での生活期間がある場合は、3年以上就労資格での
 滞在が必要です。
 日本人の配偶者の方は「3年以上日本で生活していて申請時点でも日本で生活し
 ていること」または「結婚日から3年過ぎた上で日本で1年以上引き続き生活し
 ていること」で条件を満たすとしています(当事務所へご相談ください)。

・年齢が申請時点で20歳以上であること
 ただし、申請者の親と一緒に帰化許可申請をする場合は問題ありません。

素行

・法律違反歴がないこと
 交通違反は件数が少なければ問題ないようですが、「免停処分を受けた」・
 「小さな違反が毎年ある」といった場合は、違反期間が一定期間無い状況にし
 ないといけないようです。

 なお、交通違反で「赤キップ」を切られた後に裁判所へ行って「罰金」を払っ
 た場合は5年、その他の罪で「禁錮」以上の罰を受けた場合は10年から20年
 違反・犯歴として見られるようです。

 また、反社会的活動の経歴がある場合は素行要件を満たさない恐れがあります。
 当事務所ご相談ください。

・納税義務を果たしていること
 日本国の憲法で「納税」は義務になっています。その義務を果たしていない方は、
 素行に問題ありと見られるようです。
 もちろん、扶養家族の方は、扶養者の納税状況が確認されることになります。

生計能力

・自分自身または扶養者、その他親族の資産等で生活ができること
 帰化してからまもなく「生活保護」を受けるということになれば、日本国にとって
 は問題ある話になります。このため、仕事をしていて料などで生活できると説明
 する必要があります。

 なお、扶養家族が多くて、住民税が「非課税」や金額の「減額」がある場合は、生
 計能力が無いと判断されるようです。生活が大変だろからと税金額を下げられて
 いるからです。

日本語能力 

・日本語の読み・書き・話しが問題ないこと
 法務局での面接やテストで日本語能力が確認されます。日本人として生活するため、
 日本語で困ってしまうことはあってはいけないと考られているようです。
 申請先の法務局によっては、事前に日本語テストをして合格しなければ書類作成や
 用意の指示をしません

 書類受付後の面接で日本語テストをする法務局で、事前に日本語テストを受けるこ
 ともできることもありますので、少しでも不安がある場合は相談してみるのも良い
 でしょう。

 必要な日本語能力は小学校3・4年生くらいの能力を求められるようですが、「漢
 字があまり書けない」・「短い文章しか書けない」場合は厳しいようです。

当事務所では、日本語テストの対策もフォローできます。ご相談ください。

Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.