大阪北区、大阪駅・梅田駅スグのあらゆるご相談に対応できる行政書士事務所

創業融資

起業するにあたって、十分な自己資金がある場合は問題ないかと思われますが、
段階で若干足りないと計算された場合や想定外の事態が発生して資金繰り
に追わ
れることを避けるために、融資を考えられる方も多いです。
しかし事業実績が無いまたは少ない場合、銀行などの金融機関から創業融資を
受けられる
とは比較的少なく、保証協会を使った融資においても、相当厳し
い審査内容が設
定されています。
一方で、政府系金融機関である「日本政策金融公庫」は、国の起業家支援政策
に合
せた形で、創業融資でもしっかりとした事業計画や創業事業に関する経
験などを
評価して積極的に進めていく基本姿勢です。

このため、創業時の利用の検討先として多くの方が考えていること、当事務所
でもご相談の多い日本政策金融公庫からの創業融資を中心に資金
調達に関して
のご説明をしていきます。

公庫融資のメリット

日本政策金融公庫は「国が株式を100パーセントを保有し、国の政策に基づいて
中小企業向けの様々な支援サービスを行う
政府系金融機関」ですから、「取引き
実績がない」・「貸し倒れのリスクが大きい」などの理由で民間の銀行から借入
ができない
中小企業でも、借り入れができる可能性が高いと考えられます。

特に大きなメリットは
開業資金の借入が可能
 民間の金融機関は新規業者に貸し出すノウハウを持っていませんので、開業資 
 金融資をあまり行っていません。
 日本政策金融公庫は国の新規創業支援の方針にあわせていることから、過去の
 実績がなくても開業資金融資を受けることができます。

無担保・無保証制度がある
 会社の財務状況がよくて実績のある会社でない限り、「無担保・無保証」で一
 般の銀行から借り入れをするのは困難です。
 日本政策金融公庫には第三者保証人を不要とする融資制度があり、信用保証協
 会付きの融資を行わないのでその分最終的な支払い合計を減らすことができま
 す。

民間の金融機関より金利が安い
 民間の金融機関は会社の状況によって金利が決まるため、業績の悪い会社ほど
 高い金利になります。
 日本政策金融公庫は融資の種類によって金利が決まりますので、融資が可能と
 判断されれば業績の良し悪しに関係なく一律で安い金利が適用されます。

固定金利で借りられる
 民間の金融機関からの借り入れは変動金利が原則ですが、日本政策金融公庫は
 固定金利ですので、より安定した中長期の事業計画を立てることができます。

長期間の借入が可能
 民間の金融機関からの借入期間は最長で7年ですが、日本政策金融公庫では最
 長で20年など比較的長期間の借入が可能です。

日本政策金融公庫の融資制度種類

日本政策金融公庫にはたくさんの融資制度があります。

開業5年以内の会社を対象にした新規開業資金、女性や 35歳未満もしくは55歳
以上の人を対象とした「女性若者シニア起業家資金」、ほとんどの業種の中小企
業が利用できる普通貸し付け、廃業歴がある人のための再チャレンジ支援融資な
どがあります。

これらの融資は対象となる業種の要件や限度額、返済期間が異なるので、あらか
じめ確認することが必要です。

もし、わからない場合は当事務所へご相談ください。

行政書士事務所ネクストページ大阪(JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅、地下鉄東梅田駅直結)

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所ネクストページ大阪 All Rights Reserved.
  
PAGE TOP