お盆休みの期間なので朝の電車もゆったりしていて通勤しやすいのは毎年のこの時期のことですが、今年は特に通勤しやすさがある気がします。祝日(山の日)が週末にあったので、休みの期間が長くなっているからでしょうか?諸々の邪推をしながらの通勤です。

今日は、終戦記念日です。戦争に関しては多くの考えがあり、それぞれに理解できるところもありますので、この場で個人の見解を話すのは問題であると考えますので明言は避けますが、戦禍に遭うことが無い世界になることを祈るだけです。正午にも、その祈りもあわせて、黙祷しました。

今、ミサイルが日本上空を通過するとかしないとか騒がしくなっています。戦争という争いの先に何が見えるのか・・・考えて欲しいと思っています。

先日、今日の日を知らない若者(18・19歳)の数が2割程度いたそうです。

学生時代を振り返っても近現代史は学年末間近で習ったせいか、あっという間に終了したイメージがあるので、そのような数字が出るのも不思議ではないかと思う反面、サンプリングに何らかの意図があるのでは?など首をかしげる自分がいます。この邪推は歳のせいでしょうか?

いい歳の大人として、平和な世の中を作るために何ができるのか、改めて考えていこうと思います。