10月に行政書士の仕事についたので、今年○周年。
気がつけば、新卒で入社した会社の在籍期間と並びました。
よく頑張ったのかはともかく(!?)、多少「プロ」といえるレベルになったと
感じるこの頃です。

新卒で入った会社は、業界の特性から工場部門の部長など上長は皆現場たたき上
げで
技術を持つ「職人」でした。
営業担当と工場の生産打合せでは、工場部門の上長の方々の製法での発言権は強
い上に的確な話しぶりとより良くするための提案内容の濃さに、
入社したての私
は「プロってこういうことなんだなぁ・・・」と思ったものでした
(納期や単価等で営業担当や上長が無茶苦茶言っていたから尚更でしょうか?)。

これが私の社会人としての原風景になったせいでしょうか、
営業の部長等上司・先輩から「営業は数字が命で、お得意先様との関係を作って
商品を売ることがメイン」と教えられた
せいか「プロ」であっても、技術を持つ
「職人」としてのイメージを感じることが少なかったです、正直言うと。

気がつけば、仕事・業界のことにおいて技術面で「職人」としての顔を人に見せ
られるというのが無いと
仕事をしていても面白くないな・・・と思っていました。
この思いがこの世界に入る転機になったといっても過言では無いです。

この行政書士の仕事は、法律・規則などの決まりごとに沿いながら、自分の知識
などを総動員させて、相談者・依頼者のご要望を叶えていくかという「職人」の
仕事であると強く思っています。

だからこそ、私はなんだかんだ言いながらも続けれられたのではないかと考えて
います。

先輩諸氏や隣接する士業の先生方、役所関係者、社会経験豊富な相談者・依頼者
からみたら「まだまだ、青臭いヤツ」かも知れませんが、
『今やれることをやる』
ことを第一に、より良い「職人」になれるよう、精進していきます。

毎年、この時期に思うことを書いてみました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。